キヤノンフォトクラブ札幌学習会 第6回 ステップアップの写真術・色彩の極


キヤノンフォトクラブ札幌」主催の撮影学習会に参加してみました。
撮影会場は「ノーザンホースパーク」です。
講師はかとうまさゆきプロ
撮影学習会の翌日は、講義とプリント実習があります。
今回は撮影学習会だけ参加してみました。
朝は札幌駅から送迎バスで会場へ向かい、後でパンのお土産?をもらったのですがお昼に食べて美味しかったです。
ウェディングドレスを着たモデルさん2人を撮影です。
前回の学習会と同じモデルさん。前回より慣れた感じかな。
会場はホースパークなのでお昼に馬を撮影。
インドア乗馬場
厩舎3
撮影につかった場所です。
クラブハウス
チャペルも照明が無いと暗いですね。
チャペル
モデルさんの顔が分からない写真をアップしてみる。
モデルさん
モデルさん
モデルさん
先生にCanon EFレンズ EF85mm F1.2L II USM 単焦点レンズ 中望遠を借りたけど、シグマの85mmF1.4を使った設定がそのままになっていたので、絞りがF1.4で撮影してしまった・・・。F1.2に設定を変えれば良かったのに・・・。
撮影に持って行ったレンズ。
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2
レンズ:シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM
レンズ:Canon EFレンズ EF-S17-55mm F2.8 IS USM デジタル専用 ズームレンズ 標準
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
レンズ:Canon EFレンズ TS-E17mm F4L ティルト・シフトレンズ

円山動物園::2012/03/25 ホッキョクグマ


円山動物園でホッキョクグマを撮影です。
午前中にララとデナリが同居していましたが、午後からキャンディとデナリの同居が再開されました。
何しろキャンディがデナリを刺激するもので、デナリは立ち上がって様子を見たり。
撮り損ねたり。
ホッキョクグマ
入りきらなかったり。
ホッキョクグマ
さて、デナリが移動する手順です。
キャンディが屋内に入る。
デナリとキャンディの間の扉を開ける。
風子が屋内に入る。
デナリと風子の間の扉を開ける。(壊れているから手で開けるらしい)
ララが屋内に入る。
ララと風子の間の扉を開ける。
デナリが移動する。(屋内に入れたかったけど、キャンディ側まで行ってしまって・・・)
しばらくしてデナリが屋内に入る。
扉を閉めて。
キャンディが外に出る。
ホッキョクグマ
そしてデナリが外に出る。
ホッキョクグマ
期待させるデナリとキャンディ。
ホッキョクグマ
ララも気になる様子。
ホッキョクグマ
どうにも期待させる2頭。
ホッキョクグマ
でも、しばらくすると膠着状態。
ホッキョクグマ
キャンディを待つデナリ。
ホッキョクグマ
プールに逃げるキャンディ。
ホッキョクグマ
待つデナリ。
ホッキョクグマ
今日はそんな感じのようでした。

円山動物園::2012/03/25 レッサーパンダ


円山動物園でレッサーパンダを撮影です。
今日も雪の中でレッサーパンダが孟宗竹を食べていた。
ライラです。
レッサーパンダ
寄ってみる。
レッサーパンダ
リリィです。
レッサーパンダ
寄ってみる。
レッサーパンダ
葉を咥えるライラ。
レッサーパンダ
上にはココが。
レッサーパンダ
ココ。
レッサーパンダ
下から見るような感じで。
レッサーパンダ
背景を変えて。ココ。
レッサーパンダ
下におりて子供たちと食べるココ。
レッサーパンダ
ライラ。
レッサーパンダ
寄ってみる。
レッサーパンダ
リリィ。
レッサーパンダ
ライラとリリィ。
レッサーパンダ
上の孟宗竹が無くなっても、落ちた葉を食べる。ライラ。
レッサーパンダ
雪の上でレッサーパンダは良いですね。
レッサーパンダ
リリィも下に落ちた葉をたべる。
レッサーパンダ
今日はたくさん撮影できました。
でも、セイタを撮っていなかった。