タムロン 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)


タムロンの15倍ズームレンズ「タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD キヤノン用 B008E」が発表された。
希望小売価格80,000円(税込 84,000円)2010年12月20日(月)
同じ18-270mmの「AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model B003)」と仕様を比べてみよう。

■仕様
モデル名 B003 B008
焦点距離 18-270mm 18-270mm
明るさ F/3.5-6.3 F/3.5-6.3
画角(対角画角) 75度33分~5度55分 75度33分~5度55分
レンズ構成 13群18枚 13群16枚
最短撮影距離 0.49m 0.49m
最大撮影倍率 1:3.5(f=270mm時:最短撮影距離0.49m) 1:3.8(f=270mm時:最短撮影距離0.49m)
フィルター径 φ72mm φ62mm
長さ 101.0mm* 88mm*
全長 109.3mm* 96.4mm*
最大径 φ79.6mm φ74.4mm
質量 550g 450g
絞り羽根 7枚 7枚
最小絞り F/22-40 F/22-40
標準付属品 花型フード 花型フード
対応マウント キヤノン用/ニコン用 キヤノン用/ニコン用/ソニー用

小さくなって、質量も100g軽くなっている。
新AF駆動方式「PZD(Piezo Drive)」と言う、「定在波型」超音波モーターを採用して小さくなっている。
レンズ構成が変わっているけど、写りはどうなんだろう?
ガラスモールド非球面レンズで枚数を減らしたのか。
TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 DiIIVC LD Aspherical [IF] キャノン用 MACRO B003Eを使っているけど、AF駆動の高速化が良いなぁ。
最大撮影倍率が変わっているのは、全長が変わっているから?
手ブレ補正機構「VC」はムービングマグネット方式から、ムービングコイル方式に変わっているようだ。

Capture One 6 Pro リリース


RAWデータの現像ソフト「Capture One 6 Pro」がリリースされたようです。
http://www.phaseone.com/
ってことで、アップグレードしてみました。
「Capture One 5 Pro」から「Capture One 6 Pro」へ、EUR 69,00です。
さて、あとで色々と試してみよう。
あれ?な~んだ日本語駄目かと思っていたら、設定で言語を日本語にしたら変わるのか…。
Capture One 6

ロック機構付きモードダイヤルへ改造サービス


「 EOS 5D Mark II」 と 「EOS 7D」について、モードダイヤル改造サービスが開始されるようだ。
EOS 60D のモードダイヤルと同じ感じになるのですね。
2010年12月8日から、全国のキヤノンサービスセンターで受付ですね。
有償の改造なので、料金は10,500円(税込)ですか。
ときどきダイヤルが「かんたん撮影ゾーン」になっていて、シャッターボタンを押すと内臓ストロボが開くことがありビックリします。
http://cweb.canon.jp/e-support/products/eos-d/eosd-modedial.html

キヤノンレンズの大三元と小三元


キヤノンレンズの大三元と小三元と言う言葉を最近知りました。
なんのこっちゃと調べてみると、リッチなレンズ構成のことのようだ。
大三元はF2.8通しのズームレンズのようです。
Canon EF Lレンズ 16-35mm F2.8L II USM :: ¥ 158,893
Canon EF Lレンズ 24-70mmF2.8L USM :: ¥ 152,000
Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM :: ¥ 204,808
amazonでの価格を足してみた。
158,893 + 152,000 + 204,808 = 515,701 (2010.11.30現在)
小三元とはF4通しのズームレンズのようです。
Canon EF Lレンズ 17-40mm F4L USM :: ¥ 94,498
Canon EF Lレンズ 24-105mm F4L IS USM :: ¥ 95,721
Canon EF Lレンズ 70-200mm F4L IS USM :: ¥ 106,025
amazonでの価格を足してみた。
94,498 + 95,721 + 106,025 = 296,244 (2010.11.30現在)
3本で広角から望遠までカバーできるってことでしょうか。
レンズも新しくなっているので、価格も変化しているのだろうか。
F2.8も良いけど、F4のレンズの軽さなども好まれるようですね。
いつか買う日がくるだろうか、今は100mmマクロを楽しもうと思うのでした。

EOS 7D ファームウェア 変更 Version 1.2.3


ファームウェアが更新されたようだ。
EOS 7D ファームウェア

1. スピードライトトランスミッター ST-E2 使用で、カメラと ST-E2 の両方がオートパワーオフすると ST-E2 の設定が初期設定となることがある現象を修正しました。
2. マクロライト (MR-14EX, MT-24EX) とスレーブストロボを使用しワイヤレス撮影した場合に同調しないことがある現象を修正しました。

う~ん、ライトを使わないからメリットは無さそうだ。

EFレンズ プラスワン キャッシュバックキャンペーン


Canon EOS 7D」を購入してしばらく経ったが、キヤノンでは「EFレンズ プラスワン キャッシュバックキャンペーン」を開催している。
7Dを購入したのはキャンペーン期間中だ。
どうせなら1本レンズを購入してみようかと思ったが、一番欲しい「Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM」は高くて買えない。
他に使いそうなレンズも無いかなと思っていたけど、LレンズでF2.8の「Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM」を使ってみたくなって購入した。
用途と焦点距離が近い「TAMRON SP AF90 F2.8 Di マクロ 1:1 キヤノンAF用 272EE」を持っているからどうするか考えないと。
Canon EF-S レンズ 10-22mm F3.5-4.5 USM」の超広角ズームでも良かったかもしれないが、どうせなら7Dとレンズの組み合わせで、¥10,000 キャッシュバックにしたくなった。
サイトからPDFをダウンロードして準備をするが、「Canon EOS Kiss X3」のキャッシュバックのときもだったけど、印刷して折りたたむ封筒は、保証書のコピーなどでパンパンに膨らむ。
次回の動物園は、7Dに100mmマクロを付けて撮影してみよう。
初のLレンズで撮影するのが楽しみだ。

バッテリーグリップを購入


Canon バッテリーグリップ BG-E7を購入し、今週から「EOS 7D」に付けて使っている。
冬に向けてバッテリーを2個にしてみた。
バッテリーグリップにはシャッターボタンやメインダイヤルが付いているので、縦位置で撮影するときに便利ということだが。
使ってみると確かに縦での撮影が安定するようだ。
最初は、カメラを持ちかえるのが慣れなくてボディのシャッターを押したりしたが、慣れてくると持ちかえてバッテリーグリップ側のシャッターを押す。
バッテリーグリップのシャッターボタンは、ボディより小さく押し込みも浅いようだが慣れれば気にならないだろう。気にしなければ良い。
カメラの高さが伸びたので、リュックなどに入れるとき膨らむのが気になる。

Canon EOS 7D を購入してみた。


デジタル一眼レフカメラ 【Canon EOS 7D】 を購入してみた。
【Canon EOS 60D】が発売されたが連写性能などを考えて【Canon EOS 7D】を購入です。
9月30日に注文し、ファームウェアは「Ver 1.2.2」と最新になっていた。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D
今までは【Canon EOS Kiss X3】を使っていたので、メディアはSDHCカードでしたが、7DではCFカードを使うので新たに購入が必要だ。
Transcend 400倍速CFカード 16GB 永久保証 TS16GCF400
【メモリ容量】16GB
【最大転送速度】読込:90MB/s、書込:60MB/s
SDHCカードは Class 6 で 6MB/s の転送速度を保証となっている。
60DはSDXCカードも対応したけど規格がどうなんだろう?
使っていたバッファローのカードリーダにCFカードが対応していなかった。購入しなくては。
次の週末にいろいろと撮影するのが楽しみだ。