円山動物園::2011/05/29 は虫類・両生類館 その1


円山動物園の「は虫類・両生類館」で撮影です。
のんびりしているアルダブラゾウガメ。
アルダブラゾウガメ
サイイグアナが食事。
サイイグアナ
喉を膨らませるカンボジアモエギハコガメ。
カンボジアモエギハコガメ
水中だけじゃないオオアナコンダ。
オオアナコンダ
水中のビルマニシキヘビ。
ビルマニシキヘビ
ミズオオトカゲ。
ミズオオトカゲ
ツギオミカドヤモリ。
ツギオミカドヤモリ
今日も後姿かな。
ミドリニシキヘビ。
ミドリニシキヘビ
活発に動くオマキトカゲ。
オマキトカゲ
正面からミツヅノコノハガエル。
ミツヅノコノハガエル
上からキャハンヒキガエル。
キャハンヒキガエル
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS

円山動物園::2011/05/15 は虫類・両生類館


円山動物園の「は虫類・両生類館」で撮影です。
壁を登ろうとして、登れなかったサイイグアナです。
サイイグアナ
なかなか真正面から顔を見ることがないオオアナコンダ。
オオアナコンダ
良い色ですジャングルカーペットパイソン。
ジャングルカーペットパイソン
撮りたいときに撮れないのが順番と言うものか。
近くで顔を撮るチャンスを逃したミズオオトカゲ。
ミズオオトカゲ
横からのオマキトカゲ。
オマキトカゲ
オスが喉を膨らませた瞬間を撮り逃したミツヅノコノハガエル。
ミツヅノコノハガエル
こっちを見ているのだろうかオビタイガーサラマンダー。
オビタイガーサラマンダー
ヘビはどんな写真がかっこ良いのだろう。
ベーレンパイソン。
ベーレンパイソン
背景がキラキラのチュウゴクワニトカゲ。
チュウゴクワニトカゲ
2匹仲良くアオホソオオトカゲ。
アオホソオオトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS

円山動物園::2011/05/14 は虫類・両生類館


円山動物園の「は虫類・両生類館」で撮影です。
連休が終わったけど、それなりに人のいる「は虫類・両生類館」です。
サイイグアナのツーショットですね。
サイイグアナ
オオアナコンダは水から出たときは、この位置なんだろうか。
2匹とも水から出ることはあるだろうか。
オオアナコンダ
見ているのか、見られてきるのか余裕を感じさせる姿のミズオオトカゲです。
ミズオオトカゲ
顔を出さないのが当たり前のミドリニシキヘビか。
ミドリニシキヘビ
ツギオミカドヤモリは壁に付いてないで、木に乗っている方が撮りやすいですね。
ツギオミカドヤモリ
ソバージュネコメガエルがこの位置に居たのは初めて見た。
ソバージュネコメガエル
オビタイガーサラマンダーはいつも変わらないなぁ。
オビタイガーサラマンダー
ベーレンパイソンです。目が綺麗だ。
ベーレンパイソン
アメリカドクトカゲは頭だけ出し。
アメリカドクトカゲ
トゲチャクワラです。
トゲチャクワラ
センターラボから昇格でしょうか。
ヨツメイシガメです。
ヨツメイシガメ
水より草が好きになったのかな。
チュウゴクワニトカゲです。
チュウゴクワニトカゲ
アオホソオオトカゲです。
見るたびに位置が変わっているだけで、見るのが楽しいのに。
アオホソオオトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS

円山動物園::2011/04/29 は虫類・両生類館 その1


円山動物園の「は虫類・両生類館」で撮影です。
広角、望遠、マクロ…。
やっぱりマクロが面白いかな。
「アルダブラゾウガメ」
アルダブラゾウガメ
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
浮いてますね。
「ガビアルモドキ」
ガビアルモドキ
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
こっちは沈んでいます。
ガビアルモドキ
3匹が近くにいるときはあるのかな?
「サイイグアナ」
サイイグアナ
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2
広角で撮ると。
「ジャングルカーペットパイソン」
ジャングルカーペットパイソン
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
望遠で撮ると。
ジャングルカーペットパイソン
「ミズオオトカゲ」
ミズオオトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS
ミズオオトカゲ
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2
下から顔を狙います。
「ツギオミカドヤモリ」
ツギオミカドヤモリ
食事しているので顔が見えました。
「オマキトカゲ」
オマキトカゲ
オマキトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS

円山動物園::2011/04/23 は虫類・両生類館 海外のトカゲ編


円山動物園の新しい「は虫類・両生類館」がオープンしたので撮影です。
海外のトカゲ編。
旧は虫類館でもお馴染みの「ミズオオトカゲ」です。
見やすくなりましたね。そしてミズに入る姿を見たい。
ミズオオトカゲ
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2
壁にへばり付いている「ツギオミカドヤモリ」です。
手前のヤモリに気をとられ、奥にヤモリは後で気が付いた。
ツギオミカドヤモリ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS
ちょっと丸い印象の「オマキトカゲ」です。
次はもっとゆっくり観察しよう。
オマキトカゲ
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
舌で素早くコオロギを捕まえていた「パンサーカメレオン」です。
色と動きが良いですね。
パンサーカメレオン
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2
ずっと端の方に居た「アメリカドクトカゲ」です。
もっと写し易い場所に居て欲しかった。
アメリカドクトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS
3匹かと思ったら、4匹だった「トゲチャクワラ」です。
サイイグアナと雰囲気が似ているな。
トゲチャクワラ
刺々しい感じの「チュウゴクワニトカゲ」です。
なかなか良い感じだ。
チュウゴクワニトカゲ
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
動かない「アオホソオオトカゲ」です。
壁の位置にずっといるのですね。
アオホソオオトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS
頭が大きい「マツカサトカゲ」です。
以外と動いているのですね。
マツカサトカゲ
レンズ:シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
お久しぶりの「アルマジロトカゲ」です。
いやぁ、会いたかったです。
アルマジロトカゲ
レンズ:Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS

円山動物園::2011/03/26 は虫類館


円山動物園のは虫類館で撮影です。
「は虫類館」は閉館して、「は虫類・両性類館」が新しく公開されます。
今の環境で撮影できるのは明日まで…。
見慣れた展示場もあと少しですね。
動きの少ないガビアルモドキが、新しい展示場でどんな風に観察できるのか楽しみです。
ガビアルモドキ
アカアシガメとキアシガメはどこに入るのかな。
アカアシガメ
キアシガメ
ミズオオトカゲは見やすい展示場になるのだろうか。
ミズオオトカゲ
ホウシャガメです。
ホウシャガメ
サイイグアナです。
サイイグアナ
アルダブラゾウガメです。
アルダブラゾウガメ
アオダイショウ。
アオダイショウ
さて、少しあけて2回目の訪問。
ガビアルモドキ
違った方向からヨウスコウワニを撮影。
ヨウスコウワニ
ミズオオトカゲ
アルダブラゾウガメの顔に寄ってみる。
アルダブラゾウガメ
もっと口を開けたところを撮影したかったヨウスコワニ。
ヨウスコウワニ
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2

円山動物園::2011/02/20 は虫類館


円山動物園のは虫類館で撮影です。
久しぶりにエサやりを見たいと思うガビアルモドキ。
ガビアルモドキ
撮影の頻度が多くなってきたミズオオトカゲ。
ミズオオトカゲ
ホウシャガメと共に、撮影が楽しいサイイグアナ。
サイイグアナ
サイイグアナ
サイイグアナ
ニホンマムシのアルビノ。
ニホンマムシ
ニホンマムシ。
ニホンマムシ
今年も円山でアオダイショウを見たいものだ。
アオダイショウ
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2

円山動物園::2011/02/06 は虫類館


マクロレンズを持って行かなかったので、ズームレンズでは虫類を撮影です。
またヨウスコウワニの水中での顔を撮りたいな。
ヨウスコウワニ
キアシガメ
最近はサイイグアナの撮影頻度が上がっているような気がする。
目が綺麗だと撮りたくなるのかな。
サイイグアナ
サイイグアナ
水の入った箱は、水の深さがそれほどでないようです。
ミズオオトカゲは高いとこへ登ったね。
ミズオオトカゲ
歩き回って水の中へも入ったり。
見ごたえのあるアルダブラゾウガメの行動でした。
アルダブラゾウガメ
レンズ:タムロン SP 70-300mmF4-5.6 Di VC USD キヤノン用A005E